本文へ移動

耐圧性能試験

耐圧性能試験

【耐圧試験の義務化】
 連結送水管設備や屋内消火栓ホースは、平成14年の消防法の改正より耐圧試験の義務化されました。 
 
 ※連結送水管設備とは
  1.「消火活動に必要な施設」の1つ
  2.消防隊による消火活動を行う際に消火用の水を火災発生階まで送水する
  3.消防隊が放水口にホースを接続すれば消火活動できる
  4.高層建物(オフィスビルやマンション等)、地下にあるショッピング街等に設置される
 
【耐圧試験の概要】
 ●連結送水管設備・屋内消火栓設備が対象
 ●支障なく消火活動ができるように、
  連結送水管設備:送水し水圧をかけて配管・各部品の変形等がないかを確認
  屋内消火栓設備(ホース):端末部に充水・水圧をかけて、変形・損傷・漏水等がないかを確認
 
<試験を行う時>
     耐圧放水試験:連結送水管を新設・改修した時
     耐圧性能試験:設置した日から10年を経過した時
            各種ホースの試験・連結送水管の配管の試験もあわせて行う
 
<点 検>
     外観・機能及び総合:それぞれ年1回ずつの年2回実施
     設置10年以上のもの:3年毎に実施
                正常に機能できるか
                消火活動での水圧に耐えられるか
 
 ※弊社では、10年を経過した屋内消火栓設備のホースについては、お得な交換をお勧めしております
株式会社明光設備
〒157-0063
東京都世田谷区粕谷4-1-1
TEL.03-3300-8421
FAX.03-3300-8438

消防設備工事、点検
TOPへ戻る